経済効果や環境効果に期待できるサービス

そもそも太陽光発電とは何か

太陽光発電とは、太陽から放たれる光のエネルギーを使用して電気を作るシステムのことを指します。近年、地球温暖化は世界中で深刻な問題となっていますが、太陽光発電に切り替えることでエコライフを送ることができます。

一体地球にとって何が優しいのか

地球温暖化の原因の一つに二酸化炭素が挙げられます。二酸化炭素はCO2とも呼ばれており、日本は世界でも二酸化炭素の排出が4番目に多いと言われている国でもあります。太陽光発電を利用することで、CO2の排出を削減することができるのです。

太陽光発電に切り替えて良かったことは?

光熱費が安い(60代/男性)

太陽光発電にしてから光熱費が安くなったと知人から聞いていましたが、はじめは半信半疑で聞いていました。ですが、太陽光発電に切り替えてから、実際に月々の光熱費が安くなったので経済的にも助かっている反面、もっと早くに切り替えとけば良かったと思っています。

災害時の対策(30代/男性)

日本ではここ数年の間に大きな地震が何度か起こっているので、災害時の対策として太陽光発電に切り替えました。僕は宮城に住んでいますが、最近は宮城でも太陽光発電の利用者が多くなった気がします。これも災害対策について本気で考える人が増えている証拠だと思います。

家計簿が楽しい(20代/主婦)

太陽光発電にしてからというもの、これまでよりも電気代が安くなりました。最近は物価も上昇傾向にあるので思ったように貯金ができない状況でした。ですが、電気代が節約できる分貯金に回せるお金も少し増えたので、毎晩家計簿をつけるのが楽しくなっちゃいました。

家の中が快適(50代/男性)

太陽光発電は断熱効果もあるようです。太陽光発電にしてから家の中が過ごしやすくなりましたし、断熱効果で季節によって過ごしにくくなるといったこともなくなりました。今では休日は昼寝をするのが日課になったくらいです。

補助金制度(40代/女性)

太陽光発電を自宅に導入するには大きな費用がかかると思っていました。ですが、私の住んでいる県では補助金制度が設けられているので、思ったよりも安くで太陽光発電を導入することができました。補助金制度があるなんて知らなかったので、とても素晴らしい取り組みだと思います。

太陽光発電のメリット5選を紹介

no.1

毎月の光熱費を節約

電気は毎日使用するものですが、家族が多い家庭ほど毎月の電気代は高くなると言えます。自宅に太陽光発電を導入することで月々の電気代を抑えることができるので、毎月の光熱費を削減したい人にも太陽光発電は向いていると言えるでしょう。

no.2

売電も大きな魅力

太陽光発電は自宅で電気を作ることができますが、使い切れずに電力が余ってしまう家庭あります。そのような場合に利用できるのが電力の売電。余った電気を電力会社に売ることができるので、消費者にもお得なサービスだと言えます。

no.3

災害時でも利用できる

地震や台風などの災害が起こった場合は、停電して電気が使えなくなることがあります。災害で太陽光発電が壊れていないことが条件とはなりますが、停電した時でも電気を使うことができます。災害時の対策としても導入することができるでしょう。

no.4

温暖化対策を行なう

太陽光発電で電気を作ることでCO2の排出を削減することができ、地球温暖化対策を行なうことができます。また、多くの人がエコ活動に取り組むことで、温暖化へ対しての意識が高まり、地球へかかる負担を少なくすることができるのです。

no.5

住みやすい部屋になる

太陽光発電を自宅に導入することにより住みやすい環境を確保することができます。それは太陽光発電には遮熱効果もあるからです。例えば、夏は涼しい部屋で過ごすことができ、冬は暖かい部屋で過ごすことが可能となります。

家に太陽光発電を設置しよう
メリット・デメリットを大特集♪【PR】
宮城で太陽光発電設置業者を探している方必見!
施工実績が豊富な業者を厳選紹介

太陽光発電について知りたい

ソーラーパネルと家の模型を持つ女性

単結晶シリコン太陽電池

太陽電池にはいろいろな種類がありますが、その中でも単結晶シリコン太陽電池は一番古いタイプになります。太陽の光のエネルギーを元に電気を作る場合は、シリコン結晶を使用する必要があります。シリコン結晶の使用量が多いためコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

多結晶シリコン太陽電池

単結晶に比べて結晶の粒が小さいシリコンが使用されるのが特徴となっています。そのため、単結晶よりも発電するパワーは低下しますが、リーズナブルな料金となっています。現在は太陽電池の中でも製造量が増えていると言われています。

アモルファスシリコン太陽電池

本体は室内用としての利用が一般的でしたが、最近は屋外用としてアモルファスシリコン太陽電池が利用されることも増えています。薄膜シリコン太陽電池の一種としても知られており、温度が高い時でも出力できる特徴があります。

CIS・CIGS系太陽電池

太陽電池の種類の中でもCIS・CIGS系太陽電池は新しいものとして知られています。ホンダソルテックやソーラーフロンティなどで導入されています。また、非シリコン系の太陽電池となっていますが、同時に量産化にも向いているものとされています。

HIT太陽電池

単結晶シリコン太陽電池とアモルファスシリコン太陽電池のハイブリッド型となっており、大手のメーカーでも採用されている太陽電池として知られています。太陽電池の中でもコストは高くなりますが、高性能な太陽電池として活躍しています。

広告募集中